則天去私

「谷口雅春」先生の生涯も綴っていきます。

陵墓

讀んで戴ければ幸甚です。

後伏見天皇七世皇孫 日承王墓(日承上人)

後伏見天皇七世皇孫 日承王墓(日承上人)

日承上人とも呼ばれ、伏見宮(栄仁親王(北朝第 3代崇光天皇第 1皇子))第5代邦高親王の子

 

日承上人と信長(法華宗大本山 本能寺のホ-ムペ-ジより)

 

織田信長といえば中世戦国の世の人で人気のある武将です。

 

信長は、早くから天皇の日常生活の資金が不十分であったのを知っていて、何かさせてもらおうといつも思っていました。

 

また宗教弾圧でも有名ですが、そればかりではありません。

 

例えば伊勢大神宮の式年宮(二十年毎に新しく造営すること)や内裏御所(京都皇居)の御修理には他の武将や豪商に率先して奉仕をしています。

 

この信長の影の力となり彼を薫陶し、勤王の志を起こさせたのは当時の本能寺の住職だった日承上人でした。

 

信長は上洛の度に本能寺に馬をとどめ、親しく上人の教化を受けることを無上の喜びとしていました。

 

戦国の世とはいえ民の心の奥に秘められたかすかな望みが、信長によって勤王の志に盛り上げられ民の心の支えとなり、信長自身にもそれが施政の指針をあたえることになったと思われます。

 

 

信長の宗教改革

 

次に信長の宗教政策については色々いわれますが、戦国以来諸大寺が、土地と兵力をたくわえ大名と並ぶ力を持っていたことをご存じでしょうか。

 

その大寺は為政者の命令に従わないこともあったのです。

 

そこで信長は、比叡山を焼き払い、一向宗徒を征服し、奈良の大寺を撃ち、高野山に攻め入るなどの一面を現すこととなるのです。

 

しかし、彼の本当の意志は仏教本来の姿に立ち戻りなさいという、腐敗した仏教界への警鐘だったのではないでしょうか。

 

この考え方も日承上人より伝承した信念ではなかったかと思われます。

 

それほどの影響を与えた日承上人、また当時の本能寺は一体どんなお寺だったのでしょう。

 

 

信長と本能寺

 

本能寺の変を含めて、信長ははっきり記録に残っているだけでも合計4回本能寺に滞在しました。本能寺滞在の理由は3つあるといわれています。

 

理由 1

 

信長はつねづね天皇家に近づきたいと考えていたようです。

 

信長の時代に本能寺で一番偉いお坊さんだった日承上人(文亀元年(1501年)天正七年(1579年)は天皇の親戚でした。

 

そこで信長は、本能寺に滞在し日承上人に仏教の教えをうけるとともに天皇家とのつながりを築こうと考えていました。

 

この方のつながりで今でも本能寺の一番偉いお坊さんは菊の御紋章をつけられています。

 

理由 2

 

本能寺の変当時の本能寺は今よりもっと大きく広く、またお寺の周りを高い塀と深い堀で囲い、とても安全なつくりになっていました。

 

信長はそんな立派で安全な本能寺が気に入っていたようです。

 

理由 3

 

本能寺は早くから種子島や、大阪の堺で布教活動をおこなっていたので種子島にたくさんの信者さんがおりました。

 

その種子島に1543年に鉄砲が伝わります。

 

このことから本能寺に依頼すると鉄砲や火薬を手に入れるのが楽だったようです。

 

信長はそこに本能寺の利用価値を見い出し、境内地の安堵(禁制朱印状)を約束する代わりに鉄砲や火薬の交易の手助けを促したようです。

 

それも信長が本能寺に滞在する理由のひとつといわれています。

IMG_3332
IMG_3333

本能寺は1415年から1432年までは「本応寺」と寺名を使い、1433年から現在まで「本能寺」を使用している。

その理由は「門八品相応能弘之寺」の言葉より本応寺・本能寺という寺名にした。

また現在能という寺をに替えて使用しているが、これは五度も火災に遭遇したので匕(火)を嫌いの字に替えたものである。


上杉本の「洛中洛外図屏風」では「本能寺」と書かれている。
IMG_3334
IMG_3335
IMG_3336
IMG_3337
IMG_3338
本能寺に行っても、日承上人のことは殆どの人は知らない。

https://www.google.co.jp/maps/dir/35.010392,135.7685339//@35.0100141,135.7681998,18.91z/data=!4m2!4m1!3e2

信長公廟の隣にあります。

霊元天皇皇子 力宮墓 .中御門天皇皇女 女五宮墓

陵墓というのは全国各地にありますが、江戸時代でもそうですが、多くの天皇には中宮というのは皇后ですが、典侍(ないしのすけ/てんじ)と侍女という形式で沢山の皇子や皇女がおられます。掌侍(ないしのじょう)とは、律令制における女官の1つ。

場所は

604-8031 京都府京都市中京区大黒町河原町通三条下る39

誓願寺墓地内

https://www.google.co.jp/maps/dir/35.0083315,135.7686132//@35.0083635,135.768537,20z/data=!4m2!4m1!3e2

 
IMG_3322
IMG_3321


 

霊元天皇皇子 力宮墓

霊元天皇 掌侍:源(東久世)博子(源中将局)(1672-1752 - 東久世通廉女の第十二皇子という記載だけで詳細はわかりません。当時は宮という言葉が皇子に使用されています。

1697という記載だけですので幼児にてお亡くなりになられたことがわかります。
IMG_3325
IMG_3326
IMG_3330

 

中御門天皇皇女 女五宮墓 第十二皇子:力宮(1697)

典侍:藤原(園)常子(新典侍局?-1763 - 園基勝女 第三皇子:忠誉法親王(忠篤親王、1722-1788 - 聖護院

第三皇女:五宮(清浄法院、1724-1725

生れて一歳でお亡くなりになられました。
IMG_3327
IMG_3328
IMG_3329

 

当墓地は私は知らないでそのまま入りましたが、許可を必ず取って下さい。

604-8035 京都府京都市中京区桜之町450 誓願寺社務所

 

この墓には山脇東洋の墓がある、日本で最初に人体解剖した人である。

この場所の近くの五條大橋は昔から「さらし首」や「刑場」の場所として有名である。あの石川五右衛門もこの場所でさらし首となった。

沢山の人が処刑された所である。そうした死体は医学にとって大切であった。

 IMG_3324IMG_3323

ウィキペディアから抜粋

山脇 東洋(やまわきとうよう、宝永21218日(170621日)- 宝暦1288日(1762925日))は、江戸時代の医学者。実験医学先駆者の一人。東洋は後の号で、はじめは移山。名は尚徳、字は玄飛、子飛。子に山脇東門、門下に永富独嘯庵らがいる。

丹波国亀山に生まれる。医家清水家の生まれで、享保11年(1726年)に父が門下の法眼山脇家の養子となる。1729年には家督を相続して法眼となる。後藤艮山から、理論よりも実践を重視する古医方を学び、延享3年(1746年)には唐代の医学書『外台秘要方』を復刻。

 

カワウソの解剖から陰陽五行説に基づく人体の内景に疑問を抱き、宝暦4年(1754年)閏2月、京都所司代の許可を得て死刑囚の腑分けに立会い、観察記録を行う。宝暦9年(1759年)にはその成果を解剖図録『蔵志』として刊行。漢方医による五臓六腑説など、身体機能認識の誤謬を指摘した。

 

吉益東洞ら古医方においても人体解剖には抵抗が強かったため批判を浴びるが、国内初の人体解剖は蘭書の正確性を証明し、医学界に大きな影響を与える。東洋の影響を受け、江戸では杉田玄白、前野良沢らがより正確性の高いオランダ医学書の翻訳に着手する。日本医学の近代化に大きく貢献した人物である。


ギャラリー
  • 日本学術会議の研究
  • tapirさんはこの谷口輝子先生の全體の文章を把握して書いておられるのかどうか
  • tapirさんはこの谷口輝子先生の全體の文章を把握して書いておられるのかどうか
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング