大坂夏の陣

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では、道明寺の戦い(56日)に参加。伊達政宗隊の先鋒(片倉重長ら)を銃撃戦の末に一時的に後退させた。

 IMG_3135IMG_3136
IMG_3137
IMG_3138
IMG_3139
IMG_3140

真田幸村戦死跡の碑(大阪府大阪市天王寺区安居神社内)

 

ただし、この道明寺の戦いでは、先行した後藤基次(通称又兵衛)隊が真田隊が駆けつける前に壊滅し、基次は討死している。この大幅な遅れの要因としては、当日の濃霧のため、真田隊が行路を誤ったためとする史料がある。また、毛利勝永隊はこの時、真田隊より早く戦闘現場に着陣済みで、真田隊の到着を待っていた。しかも当日の指揮権は、大坂城内の譜代の大野治長が持っていた。そのため、後藤基次討死の責任が、信繁や勝永ら現場の武将にあるとは断定できない。しかし、所定の時間に着陣できなかった信繁は毛利勝永に向かって「濃霧のために味方を救えず、みすみす又兵衛(後藤基次)殿らを死なせてしまったことを、自分は恥ずかしく思う。遂に豊臣家の御運も尽きたかもしれない」と嘆き、この場での討死を覚悟した。これを聞いた毛利勝永は「ここで死んでも益はない。願わくば右府(豊臣秀頼)様の馬前で華々しく死のうではないか」と信繁を慰留、自らは退却に移った。ここで真田隊は殿軍(しんがり)を務め、追撃を仕掛ける伊達政宗隊を撃破しつつ、豊臣全軍の撤収を成功させた。この撤退戦の際には、「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」(「関東武者は百万あっても、男子は一人も居ないものだな」)と徳川軍を嘲笑しながら馬に乗り、悠然と撤収したといわれている。この言葉は後世にまで語り継がれた。

 

信繁は兵士の士気を高めるためには、豊臣秀頼本人の直接の出陣を訴えたが、豊臣譜代衆や、秀頼の母・淀殿に阻まれ、秀頼の出陣は困難を極めた。

 

57日、信繁は大野治房・明石全登・毛利勝永らと共に最後の作戦を立案する。それは右翼として真田隊、左翼として毛利隊を四天王寺・茶臼山付近に布陣し、射撃戦と突撃を繰り返して家康の本陣を孤立させた上で、明石全登の軽騎兵団を迂回・待機させ、合図と共にこれを急襲・横撃させるというものだった、とされている。

 

先鋒の本多忠朝の部隊が毛利隊の前衛に向けて発砲し、射撃戦を始めた。信繁は、かねての作戦計画に齟齬をきたすため、毛利隊に射撃中止の伝令を遣わし、勝永自身も中止を促したが、射撃戦は激しくなるばかりで、ついに本格的な戦闘へと突入したため、作戦を断念せざるを得なくなった。これを受けて信繁は、軍目付の伊木遠雄に向かって武運拙きことを嘆き、己の死を覚悟したという。そして死を覚悟した信繁は徳川家康本陣のみを目掛けて決死の突撃を敢行した。この突撃は真田隊のみではなく、毛利・明石・大野治房隊などを含む豊臣諸部隊が全線にわたって奮戦し、徳川勢は総崩れの観を呈するに至った。信繁率いる真田隊は、越前松平家の松平忠直隊・15,000の大軍を突破、合わせて10部隊以上の徳川勢と交戦しつつ、ついに家康本陣に向かって突撃を敢行。精鋭で知られる徳川の親衛隊・旗本・重臣勢を蹂躙し、家康本陣に二度にわたり突入した。真田隊の攻撃のあまりの凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだった。

 

なお、家康の本陣が攻め込まれ馬印が倒されたのは「三方ヶ原の戦い」以来二度目であり、家康は武田家ゆかりの武将に二度馬印を倒されたこととなる。

 

大野治長は秀頼の出馬は今しかないと考え、自ら言上しようと大坂城に引き返した。しかしこの時、治長は秀頼の馬印を掲げたまま帰ろうとしたため、退却と誤解した大坂方の人々の間に動揺が走り、落胆が広がった。さらに城内で火の手が上がったことで、前線で奮闘していた大坂方の戦意が鈍った。徳川家康はこれを見逃すことはなく、全軍に反撃を下知した。東軍は一斉に前進を再開し、大坂方は崩れ始めた。

 

この時、真田隊は越前・松平隊と合戦を続けていたが、そこへ岡山口から家康の危機を知って駆けつけた井伊直孝の軍勢が真田隊に横槍を入れて突き崩したという。真田隊は越前・松平隊の反撃によって次々と討ち取られて数が減っていき、遂には備えが分断されてしまった。数度に渡る突撃で信繁の疲弊も頂点に達した。兵力で勝る徳川勢に押し返され、信繁は家康に肉薄しながら、ついに撤退を余儀なくされたのである。真田隊が撤退をはじめたのを見た毛利隊も攻撃続行をあきらめた。こうして大坂方は総崩れとなって大坂城への退却を開始し、天王寺口の合戦は大坂方の敗北が決定的となった。

 

信繁は四天王寺近くの安居神社(大阪市天王寺区)の境内で木にもたれて傷つき疲れた身体を休ませていたところを、越前松平家鉄砲組頭の西尾宗次に発見され、「儂の首を手柄にされよ」との最後の言葉を残して討ち取られた。享年49。実際は、真田信繁という首が多数あったと言われている。一方、近年発見された新史料では、生玉(生國魂神社の周辺)と勝鬘(勝鬘院の周辺)の間の高台で身を休めていた信繁に、西尾が相手を知らずに声をかけ、互いに下馬して槍で戦った末に討ち取り、後に陣中見舞いに来た知人が過去に真田家に仕えていたことから信繁の首と判明したと記述されている。

 

この地は上町台地の少し西側にあり、豊臣時代にはこの付近の北側には沢山のお寺が建立されている。現在でも寺が密集している場所である。この地を夕陽丘と呼んでいます。家人藤原家隆は

 

ちぎりあれば 難波の里に やどり来て 

 

波の入り日を おがみつるかも

 

天王寺七坂と呼ばれる七つの坂(真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂)の南側にある逢坂という坂の途中に安居(安井)神社がある。この地は真田幸村終焉の地としても有名である。

 

道明寺の戦いを終えてこの地にて夢果ててしまったのですが、大阪城からは約5km南にある。

 

高低差が分ればこの地の楽しさがより理解出来るのです。

 

さて、その「安居神社」に昭和の「和」の逆さ文字、「異字体」があったのには驚きました。

 

珍しい異字体
IMG_3141
IMG_3142
昭和九年の”和”が”咊”
IMG_3143
IMG_3144
IMG_3145

 

「咊」は、「和」の異体字です。同じ字です。「和」は辞書によっては口偏に分類されています。意味が「口」で、音が「 禾(か)」だから、本来なら「咊」の方がいいんでしょうが、多く「和」を使いますね。だから、今はこちらの方が正字とされています。

 

 旧字は、「辺」に対する「邊」ですが、異体字は「邊」に対する「邉」といった関係です。

  

「咊」この辭は以前に使用されていましたが、次第に無くなってしまいました。その字が石碑に彫られているのを見ました。
それが上図です。


和とは

1 仲よくすること。互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。「人の和」「家族の和」

2 仲直りすること。争いをやめること。「和を結ぶ」「和を講じる」

3 調和のとれていること。

「大いに身体の―を傷(やぶ)り」〈中村訳・西国立志編〉

4 ある数や式に他の数や式を加えて得られた結果の数や式。

 

和は部首としては「口偏」です。考えて見れば禾偏と思ってしまうのですが、禾偏では理解出来ない言葉になります。

 

『禾』は“か”と呼びます。「禾」は「穂の垂れた粟(あわ)の形」を表す象形文字だそうで、穀物の総称を示すそうだ。

 

「穀物を口にする」と書いて「和」と読ませます。

穀物を口にすることは「和」に繋がることを思えば、感謝して食事をする大切さを実行していきたい。


真田幸村-1

江戸時代の天王寺村です。矢印が安井神社です。
上部に生玉宮は現在の生國魂神社です。イククニタマと呼ぶのですが、どうしてもイクタマと私たちは呼んでいます。