今回の『谷口雅春先生著作年譜一覧表』は思ったより大変である。その反面、助け舟をして頂いている人がいて、幸せである。また、指導していただいている人もいて、私は幸せ者である。

 ただ、チャレンジさせて戴くために、次から次へと「生長の家」信徒でもほとんど知らない「情報」を出していこうと考えております。今回は「則天去私」にも掲載していない情報も掲載したい。明日は本家に墓参りを行くために二日程、休むがそれまでは毎日が編纂するために没頭した。どうしたら見て頂けるかを考えております。また、「生長の家」の歴史をいろいろな史料を使って披瀝しています。


 前回の『谷口雅春先生著作年譜一覧表』(中)の朝日新聞廣告欄は一旦削除して新たに資料を200頁増補して作製しています。いままで語られなかった『大聖典』の神示の已む無く掲載しなかった神示など、「生長の家」教団として「禁書」対策として行った「聖典」への「削除済」の問題をきめ細かく掲載しています。青森の『東奥日報』の資料や『焼津港報』の『聖經甘露の法雨』の奇蹟の詳細や摂津紡績の場所等、様々な分野で増補しています。『生長の家五拾年史』を傍らに是非見て頂きたい。

 戦前の『谷口雅春著作集』『生命の實相』の書店版を掲載しています。戦後の『生命の實相』書店版は全部の網羅は出来ませんでしたが、ある程度までわかりました。

 

  また、社会的な状況からどうして宗教が弾圧されたのか、生長の家の聖典が何故「禁書」となったかを深く追求しています。読んで頂ければ納得して戴けると思っています。本来は現在の「教団」の幹部等は読んでもらわないと困るのである。生半可に知っている為に「谷口雅春先生」の生き方を知らないでいる。私のような「生長の家」教団から二十年前に去った人間が行う作業ではない。教団内に多くの資料が残っているのだから、それを使用すればもっと深い追及も出来たと思っています。それが残念でならない。それでも、見て頂ければ驚愕されると思います。

 
現況はA4サイズ上下巻 総数約700頁です。暫しお待ちください。