則天去私

「谷口雅春」先生の生涯も綴っていきます。

2021年02月

讀んで戴ければ幸甚です。

「葵の御紋」が好きなようである

最近は新聞紙上を賑やかにさせている、幹部に女性登用を盛んに紙面に書き立てている。まるで女性登用をしない会社は時代遅れのように書いている。

  しかし、その書いている新聞社当人の役員に女性は何人いるのであろうか。多分一割もいたらいいであろう。何故少ないのか自問自答すれば、政府の批判等出来ない。しかし、新聞社の腹黒さはこれに限ったことではない。表向きには外部から女性の役員を置いているが、それはあくまで、表向きである。そんなものどうにでも出来る。理事、監事、評議員とかそんな役員ではない。実質に働いている人の役員構成である。それは掲載しない。掲載すれば自分達の足元を掬われる。その、足元の土台である。あまりにも脚下照顧出来ていないのにどうして気が付かないであろう。

 どこの企業や構成団体でもそうである。主義が同じだからといって、どこかの会社の社長や学校の校長先生や大学の教授の名前を掲載したがる。そうした役員構成に「葵の御紋」が好きなようである。名前に箔を付けたがる人が多い。そんな役員の人達は殆ど活躍などしていないのに、こんな凄い人がいるんだ。塚本幼稚園で「安倍前首相」の名前を使い、巧みにそれを利用した。しかし、実質その企業を発展させているのは、名もない企業戦士がいるからである。だが、下積みした人はいくら頑張っても、多くは日の目を見ることはない。

しかし、実際に働いて頑張っている人は女性が役員に登用出来ない理由も知っている。影では使い物にならないとか、平気で思っているのであろう。そんな人は完全に言葉を使い分けているのである。腹黒い人は表しかみない、そんな人は「葵の御紋」が好きなようである。

コメントありがとうございます。

私のブログのコメント欄に記入された内容が日数は異なりますが

 『和歌で読み解く天皇と国民の歴史』著 古宮春人を推奨されておられます。

私も讀みましたが、大変良い本です。私の知らない事も多く有り、和歌を沢山讀まれている人の率直な考えに驚きました。私もそれと同時に『天皇の国史』も讀みましたが、久々に昔の『歴代天皇の御歌―初代から今上陛下まで二千首』や『新輯 日本思想の系譜 文献資料集』上・下や『日本思想の源流―歴代天皇を中心に』などを思い出しました。私が天皇信仰を揺るぎないものにしたのも、こうした良書を讀んだからだと思います。

 

 それと下記のコメントありがとうございます。

「大田田根子」で思い出したのが大神神社の摂社大直禰子神社です。この神社は何回も行っていますが、まだその時は『日本書紀』と繋がらなくて、名前だけは憶えていたのです、「大物主神」との関連しかわからなかった。やはり『古事記』『日本書紀』をシッカリと讀まないといけません。

 

光の子様

著者 古宮春人さんのご本

 「和歌で読み解く天皇と国民の歴史」

を読ませていただきました。

 天皇家の二つの家訓を信頼し、天皇と国民の一体性を信じたいと思います。

 

日本史ファン樣

意富多多泥古(オオタタネコ)の話は『日本書紀』にも書いてあるようです。『日本書紀』には「大田田根子」とも書いてあるようですね。

 

 「谷口雅春先生に帰りましょう掲示板」が推薦していた『和歌で読み解く・天皇と国民の歴史』を読んでいたら、この話と同じ話が書いてありました。

 

 著者の古宮さんという人が、

 

 日本には「国民のために祈る天皇。祈られる国民」という「天皇と国民の関係」が伝統として古代から二一世紀の天皇にいたるまで連綿と受け継いでいる。これは世界に類を見ない驚くべき奇蹟である…

 

と書いているので、「本当か?」と思って最後まで読んだら本当でした。

 

 崇神天皇だけでなく、日本の歴史は素晴らしい歴史だと思います。

意富多々泥古

私はコロナウィルスのワクチン接種を三月に接種することになります。コロナウィルスのワクチン接種を三月第一週と第三週に接種をすることになっています。65歳以上は四月から開始となりますが、市町村により異なります。なかには、戸惑っている人もいます。

 

『古事記』の原文には

此天皇之御世、病多起、人民死爲盡。爾天皇愁歎而、坐神牀之夜、大物主大神、顯於御夢曰「是者我之御心。故以意富多多泥古而、令祭我御前者、神氣不起、國安平。」是以、驛使班于四方、求謂意富多多泥古人之時、於河之美努村、見得其人貢進。

 

爾天皇問賜之「汝者誰子也。」答曰「僕者、大物主大神、娶陶津耳命之女・活玉依毘賣、生子、名櫛御方命之子、飯肩巢見命之子、建甕槌命之子、僕意富多多泥古。」白。於是天皇大歡以詔之「天下平、人民榮。」卽以意富多多泥古命、爲神主而、於御諸山、拜祭意富美和之大神前。又仰伊迦賀色許男命、作天之八十毘羅訶此三字以音也定奉天神地祇之社。又於宇陀墨坂神、祭赤色楯矛、又於大坂神、祭黑色楯矛、又於坂之御尾神及河瀬神、悉無遺忘以奉幣帛也。因此而氣悉息、國家安平也

 

 私は『古事記』に記載されている崇神天皇時代の疫病の流行りであります。国民の半分が亡くなったという記載があるほどですから、大変な時代であったことです。

 

崇神天皇はこの疫病について悩み、神牀(かむとこ)という夢で神様に助言を求める為に清めた寝床で眠ると、その夢に出てきたのが大物主神でした。

 

その夢の中で大物主神は「この疫病は私の御心だ。意富多多泥古(オオタタネコ)に我が御魂を祀らせなさい。そうすれば神の祟も起こらず、国は安らかに治まるだろう」と言いました。

 

すると崇神天皇はさっそくそのオオタタネコを探し出します。

 

そしてついに河内の美努村(現在の大阪府八尾市あたり)という所で見つけると、すぐに大物主神を祀るように祭主として任命しました。

 

すると、すっかり疫病は止み、国は安らかに治まったのです。

 

私はこの文章を単なる『古事記』の記載されていることで関係ないと言われると思いますが、重要な預言が含まれているように思っております。

 

大物主は三輪神社に祀られている神様であります。さて、私はまだ行ったことがないですが、意富多々泥古の河内の美務村ですが、下図に祀られています。小さな祠があるようです。

加茂神社趾となっています。

 

加茂神社跡 - Google マップ

 

 

 

 

 

 

「貼り付け引用」の怖さ

私は「貼り付け引用」の怖さというのを前回のブログで記入しました。しかし、一番それを行っているのは野党やマスコミであります。

 

それを「生長の家」教団の総裁が実際行っているのも事実であります。下記がその文面です。これだけみれば、「日本ビイキ」が駄目であると皆さんは思うでしょう。谷口雅春先生はそのようにお説きいただいていると思うでしょう。同じ占領期間で検閲を受けていた時代でも下記の昭和2011月號は事前検閲が必要であります。私が前に書いた『白鳩』誌の昭和213月號ではどうでしょうか?本文も事前検閲がありました。だがどうでしょうか?わかるように長く引用させていただきました。(令和3221日-夫々の随想-参照)

 

この文章では「日本を救いたい」という谷口雅春先生の熱烈たる思いが伝わると思います。

そこが印象操作であります。私も戦後GHQ検閲時代(昭和2010月~昭和2410月)の御文章を拝見していて、様々な文章を讀む機会が与えられました。そこにどのような気持があるのかを讀むことが大切であります。ただ教団は昭和時代の『生長の家』誌や『白鳩』誌の復刻版を作成しないでしょ。何故だと思いますか?雅宣総裁の行っていることが間違いだと云うことがわかるからです。

 

今回の文章はトキ掲示板から抜粋させて戴きました。

 

昭和20年、194511月号の月刊誌のご文章から引用します――

 

“今後の教化方針は「天地一切に和解」「従って天下無敵」(敵あって「勝つ」と云うのは本来の生長の家の教ではない、戦争無の哲学が生長の家の哲学である)を説き、今後の日本の運命も、苦難が来る荊棘(けいきょく)の道だなどと「言葉」で云っていると「言葉は種子」であり苦難が来るから、吾々は今後日本国民に明るく生きる方法を教えるのに全力を尽くさねばならぬのです。吾等は対立国家としての日本ビイキ的なことを説かず、世界人類は一様に「神の子」として説き、特に『人生は心で支配せよ』『新百事如意』を中心に説いて行けば好いのであります。”

 総合的に讀むことの大切さを私は学んでおります。その時に私でもそうですが、理解して欲しい爲に、自分の都合のいい言葉の「谷口雅春先生」の引用をどうしても行ってしまいます。やはり、それは注意しなければなりません。

 どれぐらいの割合でそれが書いているのかを注意しながら引用するようにしなければなりません。

夫々の随想

■『谷口雅春先生著作年譜一覧表』の件ですが、本来なら既に発行していたのですが、発行すると云いながら次から次へと課題が見つかり、編集や校正などとともにその準備や別の発想が湧いたり、何をしているのだと自問自答しながら行っております。その作業は前進しているのか、それとも後退しているのかと問われれば、それもわからずに進行している時期もありました。作業途中に生長の家の愛国書というのはどういうものが聖典としてあったのかを探求しながら、脇道に反り、前段階では『宮崎白蓮、與謝野晶子、平塚らいてう等一流歌人などが挙って投稿した『白鳩』誌』の出版に付加するための資料探究等をしていたりした。

 また『聖光録』についての資料を探ったりして、その年代の違いなどを研究し、或る時は「光明思念の歌」についての正式な資料はあるのかを調べてゐたりしていたのですが、或る時は谷口雅春先生の旧制市岡中学時代、それでも何か物足りないものが心中にあったことは確かであった。それが何であるかも想像出来ないで、わからないでその時は進行していた。あれやこれやと思いつくまま、行っていました。それが、その物足りないものが、やはり戦後のGHQの検閲であった事なんです。戦前の検閲を詳細に書いておりながら、戦後になれば事実として知らしただけで内容の検証など全く行っていない

 

これは度々書いていますが、戦前の内務省の検閲はとことん追及して『生命の實相』黑布表紙版の比較検討を行いました。戦前の『生命の實相』黑布表紙版は改訂版とか記載されているものもほんの一部ありますが、ほとんど記載されていません。なかには初版として記載はあるが、発行日が違うのが多く存在して、内容までも変更しているものが二十巻全てに存在する。「生長の家」を邪教として扱った本を数冊見ましたが、どれもこれも確かめないで、決め付けているものばかりであります。

 

その内務省の検閲と邪教として圧迫されたときの思いとGHQ占領について当時の白鳩誌に谷口雅春先生は書いておられます。少し長い文章ですが引用させていただきます。《『白鳩』昭和二十一年三月號(敗戰の現實と今後の日本)P10P13

【『生命の實相』で、古事記に言及したところは何十分の一に過ぎないが、日本の敎も他敎の敎も同じ眞理だと示すために説いてある眞理は一つなのであります。ところが褊狹な日本主義者は中々一つにならうとしない。天照大神は日本獨特の特別に偉い神樣だと云ひ出した。そして『生長の家』が、『神は本來一つ』だと云ふ吾々に『皇室に對する不敬』だと云つて壓迫を加へたのであります。

これでは萬敎は一つにならない。どの宗敎も手を繫いで仲よくやらうと云つて實現した生長の家を彼等は邪敎だと云つて排斥したのであります。生長の家が『人間はみな神の子として無限の力を内部に包藏する』と云ひますと、彼らは『天皇のみが神の子である。國民のくせに神の子と自稱するのは不敬だ』と云ひ出した。吾々は苦しい辯解をして『天皇は神の親、吾々は神の子卽ち天皇の赤子である』と云ふことによつて彼らから不敬罪の告發を免れたのであります。併し彼らは吾々を『石にて打て』とは言はなかつたけれども、色々の迫害を加へ、言論を封じ、用紙を與へず、出版の自由さへ拒絶したのであります。

かゝる迫害の中にも原始基督敎の樣に今現に奇蹟が實現してゐる宗敎は生長の家のみであります。跛者は起上り、盲は眼を開き、脊髄カリエスは治り、そのほか醫者難治の病氣が續々として治つてゐる。その事實に對してもそれだけの實力を持つてゐる宗敎に對して、政府と結託したり、政府から手厚い保護を受けてゐる成宗敎團體からは、新興の宗敎にさう云ふ奇蹟があらはれては、成の老舗をもつた宗敎が衰へると云ふので、ジャ-ナリズムに資金を出して、吾々の宗敎運動を邪敎だと云ふ記事を執拗に書かせたのであります。『病氣の治る宗敎は邪敎だ』と彼らは呼號した。

 

 キリストも病氣を治した。釋尊も病氣を治したことがある。けれどもキリスト敎を邪敎と云はず、佛敎を邪敎と云はせないのは、自分がそれを職業として飯を食つてゐるからでありました。吾々は他の宗敎を排斥したことはなかつた。キリスト敎、釋迦の敎、古事記に説かれてゐる所の敎―――

 

それが全く一つであることを指摘して、天地一環の眞理を傳へんとして居つたのであります。それを擬似宗教だとか言つて成宗團からジャ-ナリズムは金を貰つて攻撃してをりました。疑似宗敎、類似宗敎が悪いのではありませんが、疑似と云ふと、疑似コレラ、疑似ペストなどと同じやうに、何かしら惡い感じを與へる。そこをつて彼らは吾々を排斥したのであります。

 

世界の宗敎は皆一つの『神』なる本源より發すると云ふ萬國の親善が宗敎を通じて自然に出來るやうな平和愛好の宗敎たる『生長の家』を反對に叩き伏せようとしたのが日本人であります。それは日本人の全部ではありませんが―――兎に角日本人は考へが小さかつたですね。自分より偉大なるものが出現しようとすると皆んなよつてたかつて叩き伏せようとする。そんな狭い考へでは日本は伸びることは出來ない。良きもの偉大なるものが出て來たら何所までも伸ばしてやらうと云ふ精神でなければよいものは出て來ないのであります。科學的發明にしてもさうです。原子爆弾若くはそれに對抗し得るものは又はもつと立派なものは、そんな狭い心では對に生れる譯はないのであります。キリストは『罪なき者先づ彼女をて』と言つた。そしてそこに跼くまつて地面に何か書かれたと云ふことが聖書に出てゐます。恐らく心の中では、『汝ら互に相愛せよ』と祈つて居られたのだらうと思ひます。『汝等互に相愛せよ』と云ふ言葉は『生命の實相』の巻頭にある「汝等天地一切のものと和解せよ」「和解するとは感謝し合ふと云ふことである」と云ふ敎と、全くひとつなのであります。こゝに生長の家の使命がある。

 

この平和の敎、和解の敎、親善の敎、感謝の敎でなければ日本を救ふことは出來ないと云ふ感を愈々深くするのであります。だから吾々はどうしてもどんなことしても、日本を救ふ爲に立上がらなければならないと思ふのであります。こんな狹い部屋だけで喋つてゐたのでは、こゝにゐる人にだけしか眞理を知らせることが出來ない。それでは不可ない。もつと多勢の人に知らせなければならない。

 

この生長の家の『和』の精神が政治の上にも持ち來たさなければならない。かう考へるのであります。言論の自由は聯合國司令部から與へられて居りますが、日本國内はまだ舊體制で、言論はまだ自由になつてゐません。それはある人の都合の好いことだけに自由であるかも知れませんが、『生長の家』などには少しも自由はない。

 

吾々の機關雜誌を出版するにしても紙の配給が一つもない。吾々が使つてゐる紙は、闇の紙ではない。それは光の紙であつて、配給所から丸公(※日中戦争下の価格等統制令および第二次大戦後の物価統制令による公定価格を示すの表示。また、その公定価格。)でやつてくる紙ではない。吾々が本を出すには、紙代がいくら、印刷代がいくらと云ふやうに算盤をはぢいて計算をして合理的計算の立つ過程に於ては決して引き受け手がないのであります。そこで雜誌を出すには、一切の費用を籠めて要るだけ支拂ふと云ふことにして、やつと出來る。その費用の中には倉庫から印刷屋へ印刷屋から製本屋へ用紙を運ぶトラック代なども法外な値段で入つてゐるのかも知れません。だから皆さんの所へゆく雜誌は非常に薄つぺらいで値段が高いけれども仕方がない。高い値段の用紙でも兎も角吾々の主張を實現させる爲に金錢のことは考へないで一句でも多くの眞理の言葉を載せたものは、一字千金の値打があると言ふ氣持でこんな薄つぺらな雜誌でも全力を擧げて光の言葉をそれに載せてゐるのであります。

 

吾々は公會堂で喋らうと思つても、なかなか公會堂の席は、空いて居りません。新聞に投書しても、共産黨の人の話は載つても、私のものは載せてくれません。皆没書です。私は共産黨の人よりも有名ではないのか、共産黨の人のやうに爭闘的精神を持たないで平和愛好的であるために、載せなくとも、尻をまくられる虞がないから、兎に角載せてくれません。ラジオの波にも載せてくれない。

 

併し吾々はもつと光明思想を全國に弘めねばならない。それでなければ日本を救ふことは出來ない。そう云ふ自覺を以つて、出來るだけ色々の方法を講じてゐるのであります。と云つて私は吾々を壓迫する人を責めようと云ふのではありません。さう云ふ吾々が人から責められ、壓迫される環境が出現するのはみんな自分の過去の他を責め壓迫した精神が環境にあらはれてゐるのだと觀じ、反省し懺悔しつゝ、出來るだけの努力を盡させて頂くのであります。】

 

■亀の子ブログにおいて「女系天皇」に就いて書いておられたが、谷口雅春先生は「男系」という書き方はその当時、その言葉も考えられなかった時代に、昭和21年『白鳩』誌に

【爰に日本には、天皇制護持の理由があるとして、何故現在の御血統の方が、天皇であられねばならないのかの問題が最後に殘る。それは二千六百年(或る人は六百年を減じて二千年だと云ふ)も血統連綿として、深き平和と尊貴の感情の中に生活し給うことにより、その御性格にも、その御態度にも、御容貌にも自ら尊嚴と平和とが備つてゐ給うことである。(中略)平和と慈愛と尊貴との感情の中にその生命を歷代二千年にわたつて育成せられ、その遺傳の渾然たる生成の中に、吾等人民の粗野性とは異なる高貴性を人格の中に備へ給ふのである。日本に於いては國家の尊嚴の具體的表現としては天皇の他に求むべくもないのである。ここに吾等は日本民族の特異性と、天皇の特異なる高貴の遺傳性とにより、天皇制を護持することが、日本再建上、日本民族に生命と理想とを吹き込む最善の道であることを信ずる。】

これを讀む限り、谷口雅春先生のお考えは「男系」であることは明白である。その言葉が“血統連綿として、深き平和と尊貴の中に生活し給うことにより”御血統というのは「男系」であるということである。

そういう「谷口雅春先生」の御文書を讀まずに「女系天皇」という考えは単純である。

 

■戦後に発行予定であった平和版『生命の實相』も断念せざるを得なかったと想像する。

また、戦前で使用されていた言葉の制限がありその数は多大である。勿論、戦後のGHQ政策の一貫として戦前の「大東亜戦争」「天皇陛下を尊崇」するような言葉も事細かに指令があり、使えなかった言葉も多い。その抑圧化のなかで『生命の實相』の戦後版の発行となった。

勿論、含まれている眞理には変更はないのは申し添えておこう。

  『生長の家』誌や『白鳩』『光の泉』等は検閲前と検閲後の文書がある。

 一部で所有されている戦後の雑誌は検閲後の雑誌であることは多くの人は承知されていない。何処をどのように変更されたのかは誰も探求して発表されていない分野である。私はプランゲ文庫のマイクロフィルム260巻の調査を行っている。二月の初めは大学入試試験の為、休館となっていた。現在230巻迄見てきた。内容は本当に腹立つ事ばかりで、何故日本が敗戦の憂き目でこんなこと遭わなければならないのか、怒りが収まらない。

 

■さて、私が投げ掛けた唱歌「紀元節」について、亀の子さんの深い洞察力と御判断に感心した。確かに作詞家の作詞された言葉と違うのを善しとして独断で判断するのは決して「善なる行為」ではない。そうした判断が過ちを犯しやすい。また立葵さんとの遣り取りは私にとっても勉強になりました。

 

■現在新編『生命の實相』のですが、編纂を行っていますが、何ヵ所か頭注版でも間違いがあります。人の呼び方の間違いや年代の齟齬等を私が調べても何ヵ所かあります。

ただ、それは大きく変更したりするのもいいのかどうかを最近の新編『生命の實相』の編集されている人は實に丁寧に見ておられます。私はそれだけでも新編『生命の實相』の讀む価値があると思っております。

實に微細なる言葉の文(あや)というのを見ておられるのには頭が下がる。私も戦前と戦後の比較をしなければ、そこまで見ていなかった。新調された新編『生命の實相』を頭注版と比較されればわかります。ここでは詳細は記述しないが、これを読まれている諸氏には是非確かめて戴きたい。勿論、断わっておくが章立て変更は良くないことである。人間というのは、これを善なる行いだと勝手に思い込むと、それを勝手に判断して、英雄気取りで変更してしまう。そうした「クセ」のようなものはベテランの人に多い。それが折角の新たな考えから疎外していることであることは本人は気が付かない。また、それに携わった人に聞かなければならない、いくら年が離れていても、自分よりは知っていると思う人には、聞かなければならない。そういう人は何故、聞いてくれないのか?と思っている。だが、意固地になり、そういう人は聞かない。信仰をしているのであろうか、意地が強いからであろうか、最後は自分の間違いだと神様は知らせるであろうが、その時は遅いのである。

 

但し「名称」「年代」「齟齬」の間違いなどとは異なる。それは変更しても善いであろうと思っています。それは過去の時代ではどうしても探れなかった文章や年代など「インターーネット」を使うことにより、新しい発見もできるわけですから、それを利用したり、『国会図書館』で公表されているものも最近では多くなってきておりますので、それを引用したりするのであります。何れはそういうことも発表しなければならないであろう。

 

 

楠本神社=耳梨行宮(みみなしかりのみや)推古天皇

樋口神社

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@34.5160079,135.8027631,18z/data=!4m5!3m4!1s0x6001333dbabd2765:0x2618a28c92aa912d!8m2!3d34.5170754!4d135.8025357


IMG_5366
IMG_5367
IMG_5368
IMG_5369
IMG_5370
 

祭神 :豊饌炊屋姫命 (推古天皇)

 

『日本書紀』に推古天皇9(601) 5月耳梨行宮(みみなしかりのみや)時、大雨が降り行宮の庭に水が溢れるとある。 金本朝一氏は『大和三山の道』に木原町の長老の言として神社から東が行宮の跡との伝があり、天皇という地名があると伝える。こうした伝承から推古天皇の霊を当社に祀ると『橿原市史』に記されている。

 

推古天皇に時代に遡ります。

 

日本書紀

九年春二月、皇太子初興宮室于斑鳩。三月甲申朔戊子、遣大伴連囓于高麗、遺坂本臣糠手于百濟、以詔之曰、急救任那。夏五月、天皇居于耳梨行宮。是時大雨、河水漂蕩、滿于宮庭。秋九月辛巳朔戊子、新羅之間諜者迦摩多到對馬、則捕以貢之、流上野。冬十一月庚辰朔甲申、議攻新羅。

 

現代語訳

即位9年春2月。皇太子(=厩戸皇子)は初めて宮室(ミヤ)を斑鳩(イカルガ)に建てました。

 

3月5日。大伴連囓(オオトモノムラジクイ)を高麗に派遣して、坂本臣糠手(サカモトノオミアラテ)を百済に派遣して詔(ミコトノリ)して言いました。

「速やかに任那を救え」

夏5月。天皇は耳梨(ミミナシ=現在の奈良県橿原市木原町)の行宮(カリノミヤ)にいました。この時、大雨(ヒサメ)が降りました。河の水は漂い、広がり、宮庭(オオミヤ)に満ちました。

秋9月8日。新羅の間諜(ウカミ=スパイ)の者の迦摩多(カマタ)が対馬に到着しました。すぐに捕まえて、上野(カミツケノクニ)に流しました。

冬11月5日。新羅を攻めることを話し合いました。

 

この宮は太子道(耳成道)の橫を通り斑鳩から飛鳥への道として古くからありました。此処で記載のように大雨が降ると宮庭に満ちるほど、それほど高台にはなかったのです。現在でも大雨対策をしなければ、が降ると其の辺一体が池のようになる。ただこの付近に通る太子道(筋違道)は重要な幹線の一つであり、周辺に通る河川の関係で斜めとなる。

 R43db774362d7c513cec276da5da1d541
R44894e953bd753e81cce83873bdc775c

マスコミの切取り放映は人心侵害ではないか

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)について吉本興業の小籔さんが発言していることについて、私は同感します。

今回の伝え方に問題があったように思います。全體を聞いてみると、それほど、女性蔑視するような発言ではない。それなら多くの男性は女性蔑視の発言をしている。自分がそんな発言をしたことがないような、自分だけ良い子になる人には“うんざり”である。それで「ボランティア活動」を辞めるような人はやって貰わなくてもいいのです。ボランティアというのは人がどうやこうやで行うものではない。人が困っているのを「救いたい」という熱望である。だから、人が悪いことするからということで「困っている人」を放置するような、途中で辞めるような人は自分の都合で退去する人は本気でやろうとしていない。そんな人はやらない方がいい。

 

また、テレビで評論家などお気楽そのものである。もし、辞任してパラリンピック組織委員会の組織委員長が調整出来ない場合、評論家を辞めることを要求する。自分は腹を切らないでとやかくいうのは無責任そのものである。また、「森氏」を止めて貰いたいというおかしな団体が蠢いているのは気持ちが悪い。

 

人をとやかくいうのは自分に責任が伴わないからだ、常に自分だったらどうするのか、自分は女性を軽視するような発言をしたことがないのかと自問して発言しなければならない。また、自分は法犯罪を犯しながら発言するテレビ職員がいる。こういう人は論外である。放送法を護ることを原則とした人が自分は良いのだと勝手に決め付けて法を破りながら、人の事は許せない。

また、テレビ局もそうである。その極みが『おぎやはぎの「ブス」テレビ』である。又平気でテレビで“ブス”だとか発言が流れる。女性軽視であることは間違いない。

 

お笑い芸人の小籔千豊(47)が12日、毎日放送「ミント!」に出演し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の辞任表明について言及した。

 

〝女性蔑視発言〟が発端となったが、小藪は「一部の発言を切り取って、印象を強めようという報道は別に今回だけでない」とした上で「僕も最初ネットかなんかで文字見たとき『あ、えらいこと言いはったな』と思ったんですけど、全文読んだら、多分みんな印象代わると思うんですよ」と分析。

 

さらに「別に今回だけじゃなくて、どっかの市長の発言も切り取ってバン!って出たら『えらいこと言うたんやな』と。でも全部のこと見たら『そらしゃあないわ』って人、多かったと思うんです。変な発言したから『おい責任とれ! 辞めろ!』っていう空気にするなら、変な切り取り方して、後任決まらへんような状態にした報道の仕方をした人も、辞任とかせなあかんのちゃうかなと」とメディアにも責任ありとした。

被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

福島県沖で13日夜に起きた最大震度6強の地震は大阪に住んでいる私はすっかり寝込んでいて、その時点ではニュ-スも知らなかった。朝にスマ-トフォンで地震の大きさを知った。

 令和元年613日~16日間のたった4日間、南相馬市ボランティア活動センタ-で東日本大震災のボランティア活動に従事させていただいたので、とりわけて心配である。震災後のボランティア活動は11年を経ても現在でも行っていることは凄いことだと思っている。

 

 あの現状を見ると、東日本大震災の傷もなかなか癒えない。今回、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げたい。今回の地震は東日本大震災の余震だと言われているが、大陸プレ-トの変動など見えないことなんで、理解しにくい處もあるが、出来る限りその地に行けば、どのような地質なのかを見るようにしている。

 昨日は用事で箕面の滝に行ったが滝の周辺の断層は浸蝕しにく砂岩が固まった地質である。崩壊した一部の岩が箕面山から滝道までゴロゴロした岩が転がっている。唐岩というのも、その一部であろう。これも有馬高槻断層の一部である。

安寧天皇神社

安寧天皇陵を巡ってもこの神社は知らない。それほど目立たない神社でもある。Mapに記載があっても関心は無い。

 神社が消えていくことをまざまざと見ている私はそんなことあってはいけないと思っています。地域の人が是非守ってほしい。

 

安寧天皇神社

https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%AE%89%E5%AF%A7%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@34.4886588,135.7784749,17z/data=!4m5!3m4!1s0x6006cd327da05555:0x87adb20914f4ea33!8m2!3d34.4883307!4d135.7801024

 

https://www.google.co.jp/maps/@34.4881892,135.7789595,3a,75y,82.35h,79.05t/data=!3m6!1e1!3m4!1swJUUObIrvnLUFJsUXc7j0A!2e0!7i16384!8i8192

幅の狭い道を辿ると石段があります。

IMG_5481
IMG_5482
IMG_5483
IMG_5484
IMG_5485

 

御祭神 磯城津彦玉手看命(しきつひこたまてみみこと)

※[別称]安寧天皇(あんねいてんのう)

[配祀l]豊受媛神/豊宇気毘売神(とようけひめ)

※[同義]宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみかた)

 

ご祭神について 安寧天皇:第3代天皇

豊受媛神:食物・穀物を司る女神 

※[同類]宇迦之御魂神

 

ご利益 国家鎮護、商売繁盛、五穀豊穣 他

 

創建 −−−−−

 

由緒 創立時期は不詳となるが、もとは、アネイ山の陵上に祀ってあったという。その後、アネイ山が、安寧天皇陵に治定されたため、現在地に変座されたと伝えられる。

 

所在地 (〒634-0829)奈良県橿原市吉田町257

橿原神宮に行ってきました

今日は「建国記念日」で橿原神宮に行ってきました。混んでいるのも嫌なので、午後三時頃に橿原神宮に到着しました。その間は推古天皇を祭神として祀っている樋口神社の耳梨行宮伝承地から耳成山、そして持統天皇文武天皇藤原京趾、清寧天皇磐余甕栗宮、天香久山と神武天皇御稜、綏靖天皇御稜、畝傍山、そして畝火山口神社、安寧天皇御稜、安寧天皇神社、懿徳天皇御稜と橿原神宮です。他にも行きたかったが、近鉄電車がこのコロナ禍で電車の本数を減らしており、急行も便数が少ない状態です。それで橿原神宮の到着がこの時間になりました。宮都がどうして藤原京付近に少ないのかも解明することも出来ました。

   また、天香久山がどうして大和三山の一つで万葉集に歌われているのが多いのか不思議でした。耳成山や畝傍山のような単独山でポツンと山があるというのではない。その不思議も歩くことにより自分で解明することが出来ました。何度も歩いているのですが、前回は桜井市付近から橿原市の手前まで歩き、今回は橿原市から桜井市の手前まで歩いた。それが頭の中で繋がったのが今回でした。約25kmの走行でした。

 

また、谷口雅春先生も市岡中学校時代に大演習の見学に行った記念碑が耳成山にあります。明治41年11月11日
明治天皇の碑
IMG_5388
IMG_5387
「大元帥陛下駐蹕之處」の碑が南側の麓にあります。
IMG_5376
「明治天皇大演習御統監之地」の碑が山頂にあります。

また、続きは後日にします。

紀元節式典を何故行わないのか?

生長の家大阪教化部の機関誌である『新天地』に二月度の予定がある。それを見ると、二月十一日建国記念日に「紀元節」としてなんの行事も開催しない。勿論、コロナ禍で開催出来ない事を考慮しても主要なメンバーだけでリモートで開催すればいいのであって、支障はない。他府県を見ていても開催するところが多い。

  森田元教化部長の時代は橿原神宮や神武天皇陵での神想観を実施していたのが、気持ち迄廃れてしまったことを痛切に残念に思う。何のための「生長の家」であるかわからない。それで平然と出来るのも、谷口雅春先生に申し訳ないという気持ちもないのか…

   

    現在の久利さんは本部の茶坊主である。生長の家の根本眞理より総裁に「ご機嫌を伺う、媚びるような、柔い性格」になってしまったのであろうかと残念ながら思う。

生長の家 大阪教化部 教区行事予定表 2021年2月 (ssfk.or.jp)

  

   今まで、生長の家の何を学んでいたのであろうかと失礼ながら考えてしまう。

 

   私は今回の建国記念日は会社を休んで橿原神宮に行く。大和三山、初代神武天皇御陵から懿徳天皇御陵は毎年参拝しているので恒例だが、その他に中尾山古墳等、飛鳥周辺迄脚を伸ばす予定である。この周辺は宮都が多く点在する。まだ、行けていない箇所もあるので、距離は長いが十数ヵ所の陵墓と宮都を廻る予定である。距離は3540キロの行程である。遅れればレンタサイクルになるが、今の所は歩いて行きたい考えである。高い山を登るでもないので、距離は長くてもそれくらいは歩ける。

 

   私の原点は歩いてその原像を体感することである。だから説得力も付くのです。

プランゲ文庫で感じるもの

プランゲ文庫を見ていて感じるのが、戦後間もない頃の少女の「身請け」である。所謂、少女売買である。戦後間もない頃は職にありつけない人が公娼性は全廃されたが、裏では私娼とよばれる、いわゆる「パンパン」という売春が流行した。また、取締があるにせよ、農村における貧困は「娘を売る」という最悪の状態となるのが、戦後間もない頃にもあった。

 

 戦前までは「からゆきさん」という海外で売春させる業者も沢山いた。そういう人が従軍慰安婦として兵隊達の相手として海外に出掛けるが、それ以外の国にも多くの被害にあった。売春防止法が成立したのはその後の昭和31年である。

 

 私は戦後間もない頃RAA(特殊慰安施設協会)という占領軍相手の売春を目的とした制度があった。この内容は三成美保(ジェンダー法学)氏に詳しいが、ただジェンダー法学という訳の分からないものがあるが、ジェンダー(社会的な男女の格差)という考えには私は懐疑的であることをまずは宣べておく。ただ歴史的なことは学ばなければならないこともあり、そうしたことを放置するのはよくない。

 

 さてその三成氏(奈良女子大)はその戦後のRAAについて

 

1945826日、RAA(特殊慰安施設協会)という売春組織が発足した。内務省の指令で、警視庁が指導し、大蔵省の融資を得て、貸座敷業者が設立したのである。占領軍兵士を相手に「特殊女性(売春婦)」に売春させ、「一般婦女子の貞操」(「民族の純潔」)を守ることが目的であった。衣食住など全部支給で1825歳の「女性事務員」が急募され、生活苦にあえぐ多くの女性が応募した。最盛期には7万人を数えたが、性病蔓延のため、翌463月、GHQは施設を閉鎖する。仕事を失った55千人の女性が町にあふれだし、「パンパン」とよばれる街娼となった。彼女たちは、しばしば警察や米軍憲兵の「刈り込み」にあい、強制的性病検診を受けさせられた。

 

 時代というのを一括りにしてしまうのはいけないが、そういう時代を経て、今日になっていることを感じると何ともいえない気持ちとなる。

「罪なきもの石にて打て」

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の発言で私の正直な感想ですが、医療従事などを、お年寄りの世話などしていると森喜朗氏より酷い話など多く聞く、謝っているのにそこまで攻めるのは、集団リンチに等しい。男なら森氏のような発言は誰もがしている内容である。反対する人にうさん臭ささが反対に出て来る。「九条の会」擁護の人達が出て来るのは完全に政治的な話である。

 

 正義の面をして森氏を責め立てる発言するのは何ともイヤらしい感じさえする。無報酬で行っているのにも拘わらず。相手を叩きのめすまで行う。自分の過去の行為や発言に恥じることもなく、そういうことを忘れたかのように発言する。

 

 私など正直な発言で女性差別とは思わなかった。このような発言は男性同士なら誰でも行っている。ただ、それを口に出すかどうかだけである。思ったということはそういうことを感じたことがある人である。それを唯、発言するかどうかである。謝罪せよと迫る。謝れば辞任せよという。「罪なきもの石にて打て」のキリストの言葉をどのように捉えるかである。

神武天皇東征に関して

私は神武天皇東征に関して自ら脚を運び、その『古事記』『日本書紀』に書いている「伝説の地」を歩いてみた。だから他の人よりその思いは強いのかもしれない。東吉野の丹生の川が「埴安」の場であるという地を歩いた。本当にこのような場所なのかと驚く。また、埴安という地が橿原市の地にあるが、そこも歩いてみた。昔はもっと池が沢山あり、香久山の山頂から見れば、周囲は池だらけである。

 

舒明天皇の御製である

大和(やまと)には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あま)の香具山(かぐやま) 登り立ち 国見(くにみ)をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立つ立つ 海原(うなはら)は 鷗(かまめ)立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は 

 

海原の表現でもわかるように池があちらこちらに面に波立ち、水鳥が一斉に飛び立つ風景を感じてしまう。

 

今年は広島と岡山に行って【神武天皇「東征」ル-トを歩く】の項を完成したいと思っているが、海上タクシーを使ったりして行かなければならない。まだ行っていない場所もあるが、出来れば早く行って完成したい。

歌詞には言葉の関連性がある

「学ぶ会」から何の意見もないので、私の方から取敢えず発することとしたい。別段、それにより叱責するつもりもない。ただ、基本を護る大切さを知って欲しい。堅い人間なのかも知れないが、『谷口雅春先生年譜』など研究していて、如何にその勉學により「谷口雅春先生」の凄さを身近に知る光榮に浴している。それだからこそ眞劍に考える。学ぶ会が眞劍ではないという意味でもない。ただ、折角唱歌『紀元節』を紹介して戴いていますのに、歌詞を間違えるのは私にとり、考えられないということです。

或る方から『紀元節歌の解』を紹介して戴いた。それに基づいて考えてみた。私は下記のように考える。

髙根おろしに艸も木も⇒靡きふしけん

面よりなほひろき⇒惠の波

千代萬に動きなき⇒基定めしその上を

萬の國に類なき⇒國の御柱たてし世を

上記のように其々の頌に關聯性があり、仮に千代萬に「ゆるぎなき」としてしまえば、「基定めし」の言葉が同様のことを二回発することとなり、日本語としておかしくなる。「ゆるぎなき」とは盤石なる意味にもなり、「基定めし」も基盤を定めることであり、それを考えると「動きなき」が正解であろう。


第一段 武德の

一、雲に聳ゆる髙千穂の 髙根おろしに艸も木も

  靡きふしけん大御世を 仰ぐけふこそ樂しけれ

 

第二段 仁德の頌

二、海原なせる埴安の池の 面よりなほひろき

  惠の波にあみし世を 仰ぐけふこそたのしけれ

 

第三段 皇基の頌

三、天津日嗣の髙御座 千代萬に動きなき

  基定めしその上を 仰ぐ今日こそたのしけれ

 

第四段 團體の頌

四、空にかがやく日の本の 萬の國に類なき

  國の御柱たてし世を 仰ぐけふこそ樂しけれ

 

ギャラリー
  • 日本学術会議の研究
  • tapirさんはこの谷口輝子先生の全體の文章を把握して書いておられるのかどうか
  • tapirさんはこの谷口輝子先生の全體の文章を把握して書いておられるのかどうか
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング
  • 妙見山周辺のトレッキング