則天去私

「谷口雅春」先生の生涯も綴っていきます。

2017年11月

讀んで戴ければ幸甚です。

認め合おう

人というのは少し相手が失策すると、少し喜んだりして自己の優位を心では「勝った」と叫ぶ人が多い。だが、その心の思いと裏腹で「大丈夫ですか」と言葉を発する。

 

生長の家の総裁の失策(失礼ながら失策のみしか実施していない)を心のなかでは「シメシメ」と相手の失策に惹起として期待している心があるのである。私も随分とそういう心を以てこの掲示板に書きました。

 

だが、書いていてその後にくる虚しさがあるのです。別段、その人の動向にとかいうよりただ、失策に嬉々として叫んでいる自分がいる。よくぞ、言ってくれた。

「どうだ、見よ。言った通りだろ。こんなにひどい人間なのさ」しかし、そういう自分の情けなさに嫌になる。

 

 生長の家はそういう下衆な人間だろうか。そんなことしか言えない人間なのか。

どうして人を讃えないのであろうか。

どうして人の意見を聞こうとしないのであろうか。

増上慢になっているのではなかと反省しないのであろうか。

 

相手を本気で認めることをしないで失礼ながら「生長の家」を名乗るのは止めて欲しい。

今回の様々な事も「認める」ことからスタ-トしよう。
やはり、そこから相手の善もみえてくる。

後南朝-③ 谷崎潤一郎から

それでは、この三之公の件ですが、作家で有名な谷崎潤一郎が昭和初期にこの地を訪問しているのですが、その旅行記のような歴史小説があります。『吉野葛』という著作です。


それでは

その一 自天王


私が大和の吉野の奥に遊んだのは、既に二十年ほどまえ、明治の末か大正の初め頃のことであるが、今とは違って交通の不便なあの時代に、あんな山奥、―――近頃の言葉で云えば「大和アルプス」の地方なぞへ、何しに出かけて行く気になったか。―――この話はまずその因縁から説く必要がある。

読者のうちには多分ご承知の方もあろうが、昔からあの地方、十津川、北山、川上の荘あたりでは、今も土民によって「南朝様」あるいは「自天王様」と呼ばれている南帝の後裔に関する伝説がある。この自天王、―――後亀山帝の玄孫に当らせられる北山宮と云うお方が実際におわしましたことは専門の歴史家も認めるところで、決して単なる伝説ではない。ごくあらましを掻い摘まんで云うと、普通小中学校の歴史の教科書では、南朝の元中九年、北朝の明徳三年、将軍義満の代に両統合体の和議が成立し、いわゆる吉野朝なるものはこの時を限りとして、後醍醐天皇の延元元年以来五十余年で廃絶したとなっているけれども、そののち嘉吉三年九月二十三日の夜半、楠二郎正秀と云う者が大覚寺統の親王万寿寺宮を奉じて、急に土御門内裏を襲い、三種の神器を偸み出して叡山に立て籠った事実がある。この時、討手の追撃を受けて宮は自害し給い、神器のうち宝剣と鏡とは取り返されたが、神璽のみは南朝方の手に残ったので、楠氏越智氏の一族等は更に宮の御子お二方を奉じて義兵を挙げ、伊勢から紀井、紀井から大和と、次第に北朝軍の手の届かない奥吉野の山間僻地へ逃れ、一の宮を自天王と崇め、二の宮を征夷大将軍に仰いで、年号を天靖と改元し、容易に敵の窺い知り得ない峡谷の間に六十有余年も神璽を擁していたと云う。それが赤松家の遺臣に欺かれて、お二方の宮は討たれ給い、ついに全く大覚寺統のおん末の絶えさせられたのが長禄元年十二月であるから、もしそれまでを通算すると、延元元年から元中九年までが五十七年、それから長禄元年までが六十五年、実に百二十二年ものあいだ、ともかくも南朝の流れを酌み給うお方が吉野におわして、京方に対抗されたのである。

遠い先祖から南朝方に無二のお味方を申し、南朝びいきの伝統を受け継いで来た吉野の住民が、南朝と云えばこの自天王までを数え、「五十有余年ではありません、百年以上もつづいたのです」と、今でも固く主張するのに無理はないが、私もかつて少年時代に太平記を愛読した機縁から南朝の秘史に興味を感じ、この自天王の御事蹟を中心に歴史小説を組み立ててみたい、―――と、そう云う計画を早くから抱いていた。川上の荘の口碑を集めたある書物によると、南朝の遺臣等は一時北朝方の襲撃を恐れて、今の大台ヶ原山の麓の入の波から、伊勢の国境大杉谷の方へ這入った人跡稀な行き留まりの山奥、三の公谷と云う渓合いに移り、そこに王の御殿を建て、神璽はとある岩窟の中に匿していたと云う。また、上月記、赤松記等の記す所では、あらかじめ偽って南帝に降っていた間嶋彦太郎以下三十人の赤松家の残党は、長禄元年十二月二日、大雪に乗じて不意に事を起し、一手は大河内の自天王の御所を襲い、一手は神の谷の将軍の宮の御所に押し寄せた。王はおん自ら太刀を振って防がれたけれども、ついに賊のために斃れ給い、賊は王の御首と神璽とを奪って逃げる途中、雪に阻まれて伯母ヶ峰峠に行き暮れ、御首を雪の中に埋めて山中にひと夜を明かした。しかるに翌朝吉野十八郷の荘司等が追撃して来て奮戦するうち、埋められた王の御首が雪中より血を噴き上げたために、たちまちそれを見附け出して奪い返したと云う。以上の事柄は書物によって多少の相違はあるのだが、南山巡狩録、南方紀伝、桜雲記、十津川の記等にも皆載っているし、殊に上月記や赤松記は当時の実戦者が老後に自ら書き遺したものか、あるいはその子孫の手に成る記録であって、疑う余地はないのである。一書によると、王のお歳は十八歳であったと云われる。また、嘉吉の乱にいったん滅亡した赤松の家が再興されたのは、その時南朝の二王子を弑して、神璽を京へ取り戻した功績に報いたのであった。

いったい吉野の山奥から熊野へかけた地方には、交通の不便なために古い伝説や由緒ある家筋の長く存続しているものが珍しくない。たとえば後醍醐天皇が一時行在所にお充てになった穴生の堀氏の館など、昔のままの建物の一部が現存するばかりでなく、子孫が今にその家に住んでいると云う。それから太平記の大塔宮熊野落ちの条下に出て来る竹原八郎の一族、―――宮はこの家にしばらくご滞在になり、同家の娘との間に王子をさえ儲けていらっしゃるのだが、その竹原氏の子孫も栄えているのである。その外更に古いところでは大台ヶ原の山中にある五鬼継の部落、―――土地の人はあれは鬼の子孫だと云って、決してその部落とは婚姻を結ばず、彼等の方でも自分の部落以外とは結ぶことを欲しない。そして自分たちは役の行者の前鬼の後裔だと称している。すべてがそんな土地柄であるから、南朝の宮方にお仕え申した郷士の血統、「筋目の者」と呼ばれる旧家は数多くあって、現に柏木の附近では毎年二月五日に「南朝様」をお祭り申し、将軍の宮の御所跡である神の谷の金剛寺において厳かな朝拝の式を挙げる。その当日は数十軒の「筋目の者」たちは十六の菊のご紋章の附いた裃を着ることを許され、知事代理や郡長等の上席に就くのである。
私の知り得たこう云ういろいろの資料は、かねてから考えていた歴史小説の計画に熱度を加えずにはいなかった。南朝、―――花の吉野、―――山奥の神秘境、―――十八歳になり給ううら若き自天王、―――楠二郎正秀、―――岩窟の奥に隠されたる神璽、―――雪中より血を噴き上げる王の御首、―――と、こう並べてみただけでも、これほど絶好な題材はない。何しろロケーションが素敵である。舞台には渓流あり、断崖あり、宮殿あり、茅屋あり、春の桜、秋の紅葉、それらを取り取りに生かして使える。しかも拠り所のない空想ではなく、正史はもちろん、記録や古文書が申し分なく備わっているのであるから、作者はただ与えられた史実を都合よく配列するだけでも、面白い読み物を作り得るであろう。が、もしその上に少しばかり潤色を施し、適当に口碑や伝説を取り交ぜ、あの地方に特有な点景、鬼の子孫、大峰の修験者、熊野参りの巡礼などを使い、王に配するに美しい女主人公、―――大塔宮のご子孫の女王子などにしてもいいが、―――を創造したら、一層面白くなるであろう。私はこれだけの材料が、なにゆえ今日まで稗史小説家の注意を惹かなかったかを不思議に思った。もっとも馬琴の作に「侠客伝」という未完物があるそうで、読んだことはないが、それは楠氏の一女姑摩姫と云う架空の女性を中心にしたものだと云うから、自天王の事蹟とは関係がないらしい。外に、吉野王を扱った作品が一つか二つ徳川時代にあるそうだけれども、それとてどこまで史実に準拠したものか明かでない。要するに普通世間に行き亘っている範囲では、読み本にも、浄瑠璃にも、芝居にも、ついぞ眼に触れたものはないのである。そんなことから、私は誰も手を染めないうちに、自分が是非共その材料をこなしてみたいと思っていた。

ところが、ここに、幸いなことには、思いがけない縁故を辿って、いろいろあの山奥の方の地理や風俗を聞き込むことが出来た。と云うのは、一高時代の友人の津村と云う青年、―――それが、当人は大阪の人間なのだが、その親戚が吉野の国栖に住んでいたので、私はたびたび津村を介してそこへ問い合わせる便宜があった。

「くず」と云う地名は、吉野川の沿岸附近に二箇所ある。下流の方のは「葛」の字を充て、上流の方のは「国栖」の字を充てて、あの飛鳥浄見原天皇、―――天武天皇にゆかりのある謡曲で有名なのは後者の方である。しかし葛も国栖も吉野の名物である葛粉の生産地と云う訳ではない。葛は知らないが、国栖の方では、村人の多くが紙を作って生活している。それも今時に珍しい原始的な方法で、吉野川の水に楮の繊維を晒しては、手ずきの紙を製するのである。そしてこの村には「昆布」と云う変った姓が非常に多いのだそうだが、津村の親戚もまた昆布姓を名のり、やはり製紙を業としていて、村では一番手広くやっている家であった。津村が語ったところでは、この昆布氏もかなりの旧家で、南朝の遺臣の血統と多少の縁故があるはずであった。私は、「入の波」と書いて「シオノハ」と読むこと、「三の公」は「サンノコ」であることなどを、この家へ尋ねて始めて知った。なお昆布氏の報告によると、国栖から入の波までは、五社峠の峻嶮を越えて六里に余る道程であり、それから三の公へは、峡谷の口もとまでが二里、一番奥の、昔自天王がいらしったと云う地点までは、四里以上ある。もっともそれも、そう聞いているだけで、国栖あたりからでもそんな上流地方へ出かける人はめったにない。ただ川を下って来る筏師の話では、谷の奥の八幡平と云う凹地に炭焼きの部落が五六軒あって、それからまた五十丁行ったどんづまりの隠し平と云う所に、たしかに王の御殿の跡と云われるものがあり、神璽を奉安したと云う岩窟もある。が、谷の入り口から四里の間と云うものは、全く路らしい路のない恐ろしい絶壁の連続であるから、大峰修行の山伏などでも、容易にそこまでは入り込まない。普通柏木辺の人は、入の波の川の縁に湧いている温泉へ浴みに行って、あそこから引き返して来る。その実谷の奥を探れば無数の温泉が渓流の中に噴き出で、明神が滝を始めとして幾すじとなく飛瀑が懸っているのであるが、その絶景を知っている者は山男か炭焼きばかりであると云う。

この筏師の話は、一層私の小説の世界を豊富にしてくれた。すでに好都合な条件が揃っているところへ、またもう一つ、渓流から湧き出でる温泉と云う、打って付けの道具立てが加わったのである。しかし私は、遠隔の地にいて調べられるだけの事は調べてしまった訳であるから、もしあの時分に津村の勧誘がなかったら、まさかあんな山奥まで出かけはしなかったであろう。これだけ材料が集まっていれば、実地を蹈査しないでも、あとは自分の空想で行ける。またその方がかえって勝手のよいこともあるのだが、「せっかくの機会だから来て見てはどうか」と津村からそう云って来たのは、たしかその年の十月の末か、十一月の初旬であった。津村は例の国栖の親戚を訪(おとな)う用がある、それで、三の公までは行けまいけれども、まあ国栖の近所をひと通り歩いて、大体の地勢や風俗を見ておいたら、きっと参考になることがあろう。何も南朝の歴史に限ったことはない、土地が土地だから、それからそれと変った材料が得られるし、二つや三つの小説の種は大丈夫見つかる。とにかく無駄にはならないから、そこは大いに職業意識を働かせたらどうだ。ちょうど今は季候もよし、旅行には持って来いだ。花の吉野と云うけれども、秋もなかなか悪くはないぜ。―――と云うのであった。

で、大そう前置きが長くなったが、こんな事情で急に私は出かける気になった。もっとも津村の云うような「職業意識」も手伝っていたが、正直のところ、まあ漫然たる行楽の方が主であったのである。

 

春琴抄・吉野葛

後南朝-②三之公

02
171123
三之公とは

川上村のホ-ムペ-ジには

三之公御所跡及び廟所

所在

神之谷三之公430-2番地〈通称・かくし平〉

      431-9番地〈通称・八幡平〉

川上村の最南端のこの遺跡は、通称「かくし平・八幡平」と呼んでいます。昭和53年川上村文化財第1号として認定された、後南朝の歴史を伝える文化財です。
その昔、南北朝合一後、約束が果たされず不信を抱いていた元南朝方の皇族の一人尊義王(小倉宮の皇子)は、南朝の復興を願って皇位 継承のしるし三種の神器の神璽(しんじ/まがたま)を奪い、川上村の「三之公」に隠れ住み朝廷を立てました。その後追手を嫌い、さらに奥の「かくし平」に移住しましたがそこで亡くなられます。
「八幡平」(三之公の在所の川向かい)は、最初に尊義王が京都から逃げて朝廷を立てた行宮跡、追手を気にしてさらに入った奥が「かくし平」です。かくし平「廟所(ぴょうしょ)」は尊義王の墓所、かくし平のもう一つの遺跡は、尊義王が奥へ逃げて朝廷を立てた「行宮跡」と言い伝えられ、明治の頃に稗が建てられました。これらの遁跡は川上村所有ですが、山林の所有者は民間の方です。山道ですので、歩きやすいように村の手によって整備されています。
6
月~8月の天気の良い日は、谷川の石の苔や清水が木漏れ日に映えてとてもさわやかな美しさに出会います(ヤマヒルに注意)。三之公から徒歩約2時間、途中に「明神滝」があります。適度なハイキングコースです。明神滝付近には、「水源地の森」として村が購入した原生林もあり、三重県との県境に近い所です。なお、「尊義王・自天王・忠義王の3人の公家が住まいした地という意味で三之公と呼ぶ。」との伝承があり、こんなところにも後南朝のいぶきが感じられる川上奥の歴史ロマンです。


後南朝-①

6年程前に奈良県と三重県の県境であり、山奥である川上村に行ったことを常に思い出す。

それは宮内庁管轄の川上陵墓参考地と河野宮墓と北山宮墓を行った時である。

何か日本の歴史の奥深さというのか、伝統というのかそういう得体の知れぬ波動のような感情を感じたからである。丁度川上陵墓参考地の参拝時に連なる山峰の標高の高い所にポッツリとその墓がある。

しかも、この地域にはそうした後南朝の歴史が脈々と今も生きているのを感じたからである。

「後南朝」という言葉も今は知っている人も少ない。

その六年前に訪問した時にもう一度是非訪問しようと決意しているのだが、行く機会がなかなか見つからない。

その当時のこうした山奥に南朝の系譜の天皇の子孫がおられたことを知っておくことも必要であろう。

その奈良県には「三之公川」があり、その近くに「三之公行宮」という所がある。山奥の奥である場所にひっそりと行宮された場所があることには驚くが、それ以外にも河野宮行幸跡もある。それは全て山奥の深い場所にある。

 

私はそういうことをやはり詳細に伝えなければならないことを深く感じる。

高野山へ参詣

 

    今日は高野山へ行ってきた。現在高野山へは和歌山県の橋本駅から代行バスが出ている。

先日の台風の影響で高野山までは運行できない。

しかし、日頃の成果を試そうと、行きは橋本駅から九度山駅まで徒歩とランニングで行き、そこらかさらに慈尊院まで脚を延ばしてそこから高野山町石道を利用して22㌔の道を歩いたり走ったりした。

 

  高野山は初めて歩いて登った。空海が慈尊院に母を訪ねて月に九度訪れた、そうした名前の由来がある。その道と同じ道を歩いた。

この道は以前から登りたかった道である。

しかし、高野山は5回程来ている。主に金剛峯寺の参詣や奥の院等、様々である。今回は歩いたので、その道は最初の8kmは柿畑に囲まれたような道である。中間からはトレッキングに適した道である。残り6㌔で矢立茶屋において高野山名物のやきもちを戴いた。

 以前にNHKのプラタモリでこの高野山の石道を紹介していた事も触発された。

 往きは橋本駅から5時間位で大門まで到着した。橋本駅からだと27㌔あった。

帰路は代行バスを利用した。代行バスでも高野山から橋本駅まで1時間40分かかるのですから、今回の走行は早い方だと思います。

 それにしても南海電車は和歌山線も橋脚が落ち込んで片線が利用出来ない単線状態である。

今回の台風の恐ろしさをまざまざと感じます。

 

高野山町石道とは(WikiPediaより抜粋)

高野山への道標(道しるべ)として、1(約109メートル)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられ、高野山上の壇上伽藍・根本大塔を起点として慈尊院までの約22キロメートルの道中に180基、大塔から高野山奥の院・弘法大師御廟まで約4キロメートルの道中に36基の、合計216基の町石が置かれている。慈尊院から数えて36町(1)ごとには、町石の近くに「里石(りいし)」が合計4基置かれている。

町石は、弘法大師が開山した平安時代の頃は木製の卒塔婆だったと言われており、風雨にさらされるなどして老朽化したため、鎌倉時代文永2年(1265)頃に照光院(かくきょう)上人が石造の町卒塔婆建立を発願し、20年の歳月をかけて弘安8年(1285)に完成した。現在でもその8割以上にあたる150本の石柱が建立当時のまま残り、今なお昔日の面影を伝えている。

かつては高野巡礼の人々が町石のひとつひとつに手を合わせて礼拝しながら登ったと言われているが、現在では道も整備され気軽に歩けるハイキングコースともなっている。

高野山町石道
P1190454
P1190455
P1190456
和歌山県九度山町の南海高野線の九度山駅前である。真田幸村の家紋六文銭の旗が棚引いている。P1190457
P1190459
高野街道を指示しています。
P1190465
少し北側には紀ノ川があります。空海はちょうどこの位置で船を止め、高野山を参詣したといわれている。


P1190461
慈尊院正面
P1190468
慈尊院境内
P1190469
丹生官省符神社です。この階段の鳥居が建っている所に180町石があります。ここから金剛峯寺まで一基づつ辿りながら歩いて行きます。
P1190472
P1190473
P1190475
P1190476
丹生官省符神社鳥居
P1190477

P1190478

179石
P1190479
綺麗なトイレです。便座が温かい。
P1190481
P1190482
P1190483
P1190486
P1190487
P1190488
P1190489
P1190490
P1190491
P1190492
P1190493
P1190494
P1190495
P1190496
P1190497
P1190498
P1190499
P1190500
P1190501
P1190502
二つ鳥居です。
P1190504
P1190505
P1190506
P1190507
P1190508
P1190510
ガックリです、石道に横にゴルフ場です。ユネスコ遺産が泣きます。
P1190511
P1190512
P1190513
P1190514
P1190515
P1190517
P1190518
P1190519
P1190520
P1190521
P1190522
P1190524
P1190525
P1190526
P1190527
大門にようやく到着しました。
P1190529
P1190530
P1190531
P1190532
町石1基
P1190533
壇上伽藍の中門
P1190534
金堂
P1190535
根本大塔
P1190543

寫眞が撮れていなかったが宮内庁管轄の陵墓があります。


陵墓・陵印・掲示板より抜粋

山科にある後山階陵も山階宮です。
P1190551

P1190552

P1190556
P1190558
弘法大師の御廟前に靈元天皇歯塔があります。

後の2カ所は5時を過ぎていましたので後日とします。

南海橋本駅 午前8時44分(途中朝食)
九度山駅    9時46分 6.4km
慈尊院     10時04分 8.1km
矢立茶屋    13時14分 21.8km(休憩含む)
大門      14時45分 27.4km
奥の院     16時36分 32.3km
宿坊地蔵院前  17時06分 34.4km(バス乗車)

代行バス    20時10分 (橋本駅着)






聴竹居



1022日。京都大山崎にある「聴竹居」という所に行ってきた。

当日は台風が近づくあいにくの大雨だったが、ガイドの人が丁寧にその住居の説明を行って頂いた。当日は写真などは自由に撮れるが、SNSなどに貼り付けなどは出来ない。

誓約書を記入して、説明を受けるからだ。

 

この「聴竹居」は4年前に天皇陛下がお見えになられた場所でもあり、テレビなどで放映されているので御存知の人も多い。

 

【6月24日(月)の午前中に山崎の隠れ名所「聴竹居」に天皇皇后両陛下がご訪問されます。

 

「聴竹居」は藤井厚ニという大正から昭和にかけて活躍した建築家が建てた第5回目の実験住宅(自宅)で、「真に日本の気候・風土にあった日本人の身体に適した住宅:を目指して建てられました。
「聴竹居」は現在も当時のままの姿を山崎天王山の麓に残しており、エコを先取りした優れた建築で日本の近代建築20選の建物に選ばれています。

6月24日(月)の午前中に山崎の隠れ名所「聴竹居」に天皇皇后両陛下がご訪問されます。

 

「聴竹居」は藤井厚ニという大正から昭和にかけて活躍した建築家が建てた第5回目の実験住宅(自宅)で、「真に日本の気候・風土にあった日本人の身体に適した住宅:を目指して建てられました。
「聴竹居」は現在も当時のままの姿を山崎天王山の麓に残しており、エコを先取りした優れた建築で日本の近代建築20選の建物に選ばれています。】


ギャラリー
  • 『久遠天上理想國実現の神示』について
  • 『久遠天上理想國実現の神示』について
  • 「葭原」墓地の大阪七墓
  • 「葭原」墓地の大阪七墓
  • 「葭原」墓地の大阪七墓
  • 「葭原」墓地の大阪七墓
  • 真田幸村終焉の地と咊
  • 真田幸村終焉の地と咊
  • 真田幸村終焉の地と咊