生長の家神の国寮の孤児へ慰問

 

昭和29117

千代田区の東洋商業と大妻の両高校青少年赤十字団員の皆さんが孤児を慰問されていることが。読売新聞に掲載されている。

 

 当日、高校生40人は戦災孤児慰問として生長の家神の国寮に訪問している。

 

大人たちと違って兄さんや姉さんたちの慰問は珍しく、手品、人形劇、紙芝居、幻燈やハ-モニカ、ピアノの演奏などに孤児たちも大喜びでリズム遊びとなるとヒザに抱かれたり、肩車してもらって甘え放題。夕方近く別れを惜しみながら閉会した。(読売新聞 1954116日朝刊8頁・118日朝刊6頁)
原宿の生長の家本部の一室で行われた

 

と書いている、情景が浮かんでくる。

 

また昭和321221日には東京有楽町のサンドイッチマン中央クラブの人達7名がサンタクロ-スの服装で訪問している。

その当時、神の国寮には戦災孤児は50名がいた。

(読売新聞19571222日夕刊3頁)

P1190452